HOME今日からマのつく自由業ゴルゴ13AT PIN-HOLE!リアルちびまる子ちゃんあさひなぐ

ゴルゴ13AT PIN-HOLE!の漫画紹介

内容が必見!ゴルゴ13AT PIN-HOLE!

ゴルゴ13AT PIN-HOLE!ですが主人公でもあるゴルゴ13は留置場にいますが、CIAからハイジャックされた犯人の射撃を依頼されます。
留置場にいたのは組織のボスを暗殺した仕返しを避けるために一時的にいたためです。ゴルゴ13が依頼された理由として約1000m離れたところから、滑走路に停車しているコックピットのいる犯人を射撃する能力があるのは彼しかいなかったからです。
ゴルゴ13は銃の職人であるデイブ・マッカートニーに、今回の射撃に必要な銃の改造と1発の弾丸を依頼します。
ここでプロ同志しかわかりえない技術の会話がなされます。短時間に改造しなければ犯人は滑走路から飛び立ってしますため、デイブは職人の誇りをかけて完成させます。
完成した銃の出来栄えに満足し、ゴルゴ13は滑走路に小型飛行機で向かいます。ハイジャクされた飛行機は犯人がしびれをきらせて飛び立とうとしたときに、SWATが射撃した弾がタイヤにあたりパンクさせますが、飛行機の向きが変わってしまいます。
ゴルゴ13はさらに2KM先の滑走路にはいつくばり、見事犯人の額に弾を命中させてしまいます。

ゴルゴ13AT PIN-HOLE!でいいと思った所

射撃のプロと銃の達人が出会うことで、お互いの技術をみとめて、たった1発の弾を発射させるための目的でライフルを完成させるところは熱いものを感じました。
さらに1KMでも困難な狙撃をさらに倍にした距離で、いとも簡単に成し遂げるところはゴルゴ13の凄さを漫画ではよくあらわしていて、スカットした気持ちになります。

Copyright (C) 漫画の個人的なレビューや情報 All Rights Reserved.